November 4, 2021

Post Production

革靴、革小物ブランド「Post Production」のオーダー会を開催いたします。

眼鏡屋で革靴。

不思議かもしれませんが、店主が革靴好きなもので…。

とはいえ「眼鏡と」と題し古着やヴィンテージレザーシューズ、ヴィンテージウォッチなどのイベントを行っておりますので、当店をご存じの方は不思議ではないかもしれませんね。

ただこの「眼鏡と」というイベントは一応自分なりのコンセプトがありまして、「私世代くらいからそれ以上の方にちょうど良い」を心がけております。流行りすたりではなく自分にあったスタイルが構築された年代の方に「コレ面白くないですか?」をご提案したい、そんな思いがあります。

去年の夏くらいにイベントで仙台にいらしていたデザイナーの甲斐さんが当店に遊びにいらしてくださったのが始まりで、当店の空気感を気に入っていただき、今回お声がけいただきました。

私自身もイベントでフィッティングさせてもらっており、ベビーカーフのしっとりとした履き心地や履いた時のスラっとしたシルエットの綺麗さを知っておりましたので、ご一緒させていただこうと今回のイベントに至りました。

デザインベースはベルジャンシューズ。ベルジャンシューズとはローファーと一括りにされがちですがステッチの入りやアッパーの形状、履き口、短いノーズと独特なディティールを兼ね備えた靴です。

当ブランドでは木型は履き口は広くスポッと履ける、それでいて小走りしても踵は浮かないフィッティングを実現。ダメージが起きやすい履き口にはパイピングが施されており、デザイン性と強度をもたせているのが個人的に拘りを感じました。

メインとなる革は、肌理が美しく上品な艶が魅力の仔牛革「ベビーカーフ」。男性が履いたときの加重にも耐えられる、十分な厚みのある部位のみを厳選したという。

ヒールも従来のベンジャンシューズより高く設定されており、また足幅から踵にかけてのテーパーがグッとはいっているので、バックからのフォルムも綺麗です。

今回はベンジャンシューズの他にも様々なモデルをご用意いただく予定です。

仙台ではこの機会でしかご試着できません。仕様や素材の他にも足入れしたときのフィット感、履いた時の印象やフォルム、サイズ選びが革靴には重要です。期間中はデザイナーの甲斐氏も在廊いたしますので、是非ご相談いただき、またご体感いただければと思います。

シューレースのないレザーシューズお持ちですか?

ローファーはあってもベンジャンシューズは持ってなかったので私も一足オーダーしようと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Day : 11月12日㈮ ー 11月14日㈰

Brand URL : https://pospro.net/

November 1, 2021

11月の定休日

*29日は出張のためお休みをいただくかもしれません。


TEL. / 022-797-2085

OPEN / 12:00-19:00

CLOSED / Wednesday and the first and third Tuesday.(毎週水曜日、第1、第3火曜日)